QUEEN”手をとりあって”フレディマーキュリーの日本語歌詞が美しすぎる!

なにげに夜更かししてなにげにテレビを見ていたら

マツコ&有吉かりそめ天国から懐かしいメロディが聞こえてきたではありませんか!

それはQUEEN の名曲 ”手をとりあって” でした

その一部分の歌詞は日本語で歌われています

初めて聴いた時(明けても暮れてもクイーンに夢中だった頃にもかかわらず)

たどたどしい日本語だわ^^;と思ってたんですよね でも

何十年が経った今改めて聴いてみると

メロディもそうですが

フレディマーキュリーが歌った日本語は美しく

心にしみてくるものがあります

思いませんか・・・・^^

今日はそんなQUEEN(手をとりあって)のご紹介

知っとるわい!と言われる方もそうでない方も・・・良ろしければご覧くださいね^^;)

 

スポンサーリンク

”手をとりあって” 日本語歌詞の部分

手を取り合って 

このまま行こう 愛する人よ

静かな宵に 光を灯し

愛しき 教えを抱き

聞けば聞くほど心にしみいる詩です(美しい)

作詞作曲はブライアン・メイ

日本語歌詞は鯨岡チカさん

来日時QUEENの通訳をされていた方でフレディ・マーキュリーの依頼で訳詞されたそうです

この訳詞 素晴らしいとしか言いようがありませんね

・・その美しい日本語歌詞は聞けば聞くほど深く考えを巡らせずにはいられない

手をとりあって

 

 

日本語歌詞が生まれた理由は・・

トヨタのCMソングでおなじみの・・(キープヨーセープラー🎵 スミマセン)

その【炎のロックンロール】がシングルカットされた

1973年のデビューアルバム 「戦慄の女王」もまったくと言っていいほど売れず

音楽誌からはション○ン桶だとかグラムロックの末期症状だとか

イギリス中のジャーナリズムからこっぴどく叩かれ続け(アメリカは対照的な評価だったらしいですが)

そのあまりにひどい酷評の数々は彼らの心を傷つけていたんですね

本国イギリスでは無名とも言われる中で

1975年4月 初来日

羽田空港に1200人のファンが出迎えて

ビートルズ以来と言われるほどの爆発的な反響を巻き起こしたんです

その想像を絶する大成功のニュースは英米に流れQUEENの人気は上昇していきます

そしてこの年にロック史上に残る名曲「ボヘミアン・ラプソディ」をリリースします

それからはQUEENの黄金期の幕開けです

日本語歌詞をプレゼントしてくれた理由はそういうわけで感謝の意味もあるそうです

 

 

スポンサーリンク

 

Let us cling together (れらっ しんとぅげざー)

as the years go by (あっざあ いやーすごばい)

Oh my love  my love(おーまいらぶ まいらぶ)

In the quiet of the night(いんざ くわいおぶざないっ)

Let our candles always burn(れら きゃんどおーうえいず ばーん)

Let us never lose the lessons(れらすねばーるーずざれっすん)

we have learned     (ういはぶ れーんどぅ)

・・・

その英語部分です

余計な事だと思いますが(興ざめしますか?)歌いやすいようにカタカナふってみました(耳わるいですかね^^;)

ではご一緒に歌いましょう!

 

あの1979年の日本公演の時には

武道館ではなく九電記念体育館で、会場全員で歌った想い出・・・・

今日は想いを馳せてみました

 

関連記事

QUEENボヘミアンラプソディ全国ロードショー!絶対に大音響で見たいので上映される映画館をチェックしてみた!!

4 件のコメント

  1. 「手をとりあって」
    私の大好きな曲デス…

    「手を取り合って 

    このまま行こう 愛する人よ

    静かな宵に 光を灯し

    愛しき 教えを抱き」

    まるでローソクが
    あわく燃えているような、
    響きに聴こえましたね…
    翻譯がモダンで聖書みたいで
    素敵すぎます!

    • ハーミーsays: 返信

      地味さんこんばんは!
      ああ〜ほんとに聖書の言葉みたいで(イメージですけど)
      心に突き刺さるまさに名訳ですよね
      それにフレディさんの声があまりにも美しい
      その良さが(意味が)年を取るごとにわかってきた今日この頃です

  2. ぼへぼへsays: 返信

    ボヘミアンラプソディの間奏部分に日本語の独白があったはず。1stアルバム初回プレス2000枚分のみにあるがその直後に発売しなおされた初回盤からなくなったボヘミアンラプソディの間奏部分。
    あの切なく物悲しい周囲の外国人聴衆をおいてけぼりにしていたフレディによる日本語の独白がもう一度聞いてみたい。

    • ハーミーsays: 返信

      えーそんな~ボヘミアンラプソディに日本語歌詞があったなんて。。。
      全然知りませんでした
      【もう一度聞いてみたい】ということは聴かれたことあるのですね 羨ましいです
      わたしも聴きたい!聴きたい!だけど2000枚じゃ無理かな
      YouTubeでアップされてるか、、
      とにかく探してみます
      ぼへぼへさん情報ありがとうございます(コメントも嬉しかったです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック URL

https://obaobagogo.com/1697.html/trackback

PAGE TOP