❝ホワイトレースフラワー❞育てやすく庭のボリュームアップにおススメの花です!

ホワイトレースフラワー

かすみそうのような白くてフワッとした花が庭に欲しかったので春先に植えました

本当はかすみそうが良かったのですが何度も枯らしてしまうのですよ^^;)

育った写真を見たら(苗のプレート)いい感じでしかも60円と安かったのです へへ

正直あまり期待してはいなかった小さな苗ですが

今では庭のシンボルと言えるほど大きく育ちました!

訪れる人が決まってこれ何という花?種ちょうだ~い!

と言われるほどうちの庭では大人気です^^

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク

ホワイトレースフラワーってどんな花?

一年草: 種まきで増やす(春まきも秋まきもできる)

原産地: 地中海沿岸地方~西アジア

草 丈: 50~200cm

開花期: 5月~6月

耐寒性: 普通(半耐寒性)

耐暑性: 普通(高温多湿に弱い)

特 性: 開花期が長い 

 

肥料と冠水

なんの情報も知らずにたーだ買った苗を植えたんですが3月に植えた当初は人参のような葉っぱで

成長がなかなか進まず しかもか細く頼りない感じだなあと思っていたら

一ヶ月程たって暖かくなって来たら急激に伸びてきました

その間はたまにお水あげてただけなんですよね

肥料は・・・存在感薄すぎて忘れていました(笑)

でも肥料のあげ過ぎはお花の付きが悪くなるそうです

地植えだとお水もあげなくてよいと書いてありましたよ

なので結果オーライ!というところですね

初心者には育てやすい花ですわ^^;)

 

移植を嫌う

全部で5カ所に植えましたが今現在は4カ所です

というのも

こんなに大きくなるとは知らずにバラとコラボさせようとの足下に植えたんですよ

そしたらバラより背が高くなってギャーです(笑)

二メートルくらいに育ったところで端に移植したのです(こんな人もいないと思いますが)枯れはしなかったけど花が元気なくしょぼくれてました

で 本当に残念でしたが抜きました・・・・移植を嫌うそうです^^;)

大きくなるので植える場所はよく考えましょう(-_-;)

上の写真の場所は通りから見えるところで後ろの何やら洗濯物やなんかを隠すのにはもってこいの場所だったので我ながらナイスでした!

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク

 

誘引

大きくて背が高くなりそのために支柱は必須です 雨や風にかなり弱いですね

初めの頃はそのたんびにショックをうけました(常に倒されてから気づいていたので 笑)

大きくなったら倒される前に支柱もしくは近くの頼れるものに結びつけておくことを強くお勧めします

しかしですよ その倒れた時に

低い塀に横に倒して結んでいたらそこから上の方に向かって咲いていたんです

誘引で自由にアレンジ出来るんですね

わたしにとっては怪我の功名でした(笑)

下はロイヤルサンセットの場所です

もしかして見てくださった方もおられるかも^^(ならいいな♡)

その誘引を利用して今はホワイトレースフラワーの場所になりました

ロイヤルサンセットの二番花を待っています

これがねーーー時期が合うか

早くーーー咲いてバラ~!

ねー!ホワイトレースフラワーって育てやすく豪華でしょ!

これでひとつでボリューミーな庭になりました

バラにもメッチャ合いますしね!

もしかして植えたくなりました?ならいいな~(♡)

 

難点は花が終る頃かな・・・花粉がハンパなく舞います 近くの植物の葉っぱに白い粉がくっついています

なので花粉症の方にはどうなのかな? 花粉症ではないのでわかりかねますが・

 

あとは種で増やすということなので

お花が終ったら採取して秋に撒いてみようと思っています(高度な技術がいりますね 汗)

上にも書いてますが移植を嫌うようなので直播きします それが簡単そう・・・

めんどくさいですが(笑)初心者から抜きん出たいです?(ぬきんでたい?あれ)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック URL

https://obaobagogo.com/1820.html/trackback

PAGE TOP