宿根草グリーンジュエル・エキナセアの育て方は?人気の理由は?

 

グリーンジュエル エキナセア

緑色の宝石という素敵な名前を持っている

このお花

宿根草だったんですね

去年ひとめぼれして植えたんですが・・・

そうとは知らず

冬に枯れたので引っこ抜いてしまって^^;)

ありがちですよねー・・・そういうこと(汗)

なので今年

グリーンジュエル ふたたび です

来年は上の写真のように群生させることが出来たらよいなあ^^

ということで

どうやって育てるのか?

調べてみました!

グリーンジュエルの基本情報

・草花 多年草 (花径 6〜7cm)
・原産地: 北アメリカ
・草丈/樹高: 30~100cm
・開花期: 6月中旬~8月
・花色: 緑 (グリーンの花びらが徐々に白っぽく変化していく)
・耐寒性: 強い
・耐暑性: 強い
・特性・用途: 落葉性,開花期が長い,耐寒性が強い
〜花後に切り戻すと新芽が上がり返り咲き、花期が長く楽しめる〜

その涼し気な緑色からは・・可憐すぎて感じられないんですが(♡)

耐寒性&耐暑性どちらも強く生命力がみなぎっていますね〜

これは育てやすいんでしょうね

ネットショップでも売り切れ続出の人気の苗というのもうなずけます

ちなみにわたしはHCで見つけました

最後の一株でしたよ

少しお高いので躊躇しましたが(ニ、三百円ではない しかも去年に続いて二回目なので^^;)

ですが 来年は・・・倍倍に ふふ

 


 

育てかた・日常管理

・日当たりの良い場所ではよく育ちますが日陰ではうまく育たず花つきも悪いので半日は日に当たる場所に植えましょう

・花が枯れてきたら花茎ごと切ります そうすることで次々と新しい花が咲いてきます

・水やりは地植えにした場合は雨の降らない真夏やそのほか乾燥するとき以外は水を与える必要はない
(・・・鉢植えの場合も土の表面が乾いてから水を与えるようにします)

植えたばかりの頃は根付くまでお水はあげましょう 

・肥料は与えすぎると、病気にかかりやすい弱い株になってしまうので丈夫な株に育てるために肥料は最小限にしておく(5月〜6月・10月に一度与えれば良い)

・冬は茎葉が枯れて休眠しますが寒さにはかなり強く凍結させなければ春に芽を出します
寒さが厳しければ株元に腐葉土や落ち葉などを厚くかぶせて根が凍らないようにします

【注意です!】ここで枯れたと思って抜かないように!(自分に 笑)

これはもう❞ほったらかしでも咲いてくれる花❞認定ですね

ほとんど手がかからないので初心者にはもってこいでしょう^^

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

枯らすことが多いので基本夏に植えるのはやめようと思っているんですけど

植えたい病はやまらず

そこで育てやすいと聞いていたエキナセアに手を出そうか

あれなら枯れないかも

ただ

・・・わんさか咲く黄色とか黄色とか黄色とか!原色の色は暑苦しいし(個人の意見です 汗)

この緑色のエキナセアはいいですねえ

その名も可愛いグリーンジュエル

来年の夏庭が楽しみになってきました

 

 

このピンクもいいですねー

ふふふ倍倍に

いやいや

今年こそは・・・バイバーイにならないように^^;)

気をつけたいと思います

では!

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック URL

https://obaobagogo.com/1966.html/trackback

PAGE TOP