リンツリンドールチョコは義理チョコにおすすめのブランドだな!!

今年も義理チョコの日が近づきましたね(;’∀’)
いや。。、2月14日といえば女子が好きな男子にチョコで愛の告白をする日でした。。。

それも大昔の話で。。縁がないので 書きながら気持ち悪くなりました(悲)

とにかく義理チョコを。。あげなきゃならんので

わたしはコスパが良くてしかも美味しいと評判の

リンツリンドールを毎年買っています

これがね ホント!安くあがるんですわー

チョコっと紹介しちゃいます^0^

 

リンツリンドールチョコ コストコの評判

わたしはコストコのリンツを近くにお店がないのでネットで注文しています
(わはは これ全部が自分のものではないです(;’∀’))

職場で人気なので毎年この時期になると「あのチョコを注文しよう!」ということになるのです

ただ、リンツはスイスのチョコなのにコストコのは原産国がアメリカです

そこは気になりますが。。。味音痴なのかわたしには違いがわかりません(笑)

普通に美味しいです!

以前職場でスイスのを頂いた事があってそれ以来の「あのチョコを注文しよう!」

ってことになったんです・・・よ

でも誰も気が付いていない!ということは

それほどの差は無いということなのか?味音痴の集団なのか

まあ、うちの職場では評判のチョコです

そのうちにコストコでないスイスのやつもじっくり味わってみたいですね

自分用に^0^ とりあえずは義理チョコね(笑)

 

600g!5種類!50個!のチョコ

袋の中身はこんなで

カラフルな外国のキャンディみたいで可愛いです

赤色・・・ミルクチョコレート 
青色・・・ビターチョコレート 
黄色・・・ホワイトチョコレート 
黒色・・・エキストラダーク 
オレンジ色・・・ピーナッツバターチョコレート 

均等に10個づつ入ってるのかと思いきや

8個のもあれば11個のもあります

まあ、ほぼほぼ均等で、50個は間違いなく入っていました

包み紙を開いてみるとツヤツヤです。。。からの手はシワシワ(;^_^A

外側をカリッとやると中には柔らかなトリュフが入っています

わたしは常温で保存していますが

食べてみるとトリュフが口の中でムニュムニュひんやりするんですよねー
(なんで?ひんやりなのかなー??)

外側チョコのカリッと感と内側のトリュフとの食感の違いに

イヤー高級感を感じましたね!これはお値段以上ですね^0^

そして、大きさはこんなです

義理チョコの定番のチロルチョコと比べてみました

ご参考までに

スポンサーリンク

義理チョコ10人分がこの値段

正直言うと、ひと袋50個!全部食べてしまいたいところです(;’∀’)

でも義理チョコの日は迫っているので 100均の袋に小分けにしました

5種類の5個づつ入れたいところですが数が合わないので

どうしようか迷った末・・・余ったのは自分用にしました わはは

そこを考えなければ10人分は出来ますね

ちなみに

わたしは1990円で購入したので1個40円ほど!でした

ということは。。ひとりにつき・・・

なんと200円!で義理チョコ出来ちゃった!

メチャメチャ コスパが良いと思いませんかー

しかし、、ショップによって値段のバラツキがあるんですよねー

1700円〜2500円位かな

送料無料だけど高かったり(それでも安いんですけどね)

わたしはまとめて買ったので送料無料でしたけど(6000円以上は無料でした)

気になる方は下の。。。チェックしてみて下さーい

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック URL

https://obaobagogo.com/2463.html/trackback

PAGE TOP