クリスマスローズを地植えの肥料無しで2年3ヶ月ほったらかしにしてみてわかったこと

クリスマスローズは
冬場の寂しい庭に咲く可憐な花ですよねー^0^

我が庭も花の無い季節に 少しですが
彩りを添えてくれます、、

 

とか言いながら
植えてから2年3ヶ月ほったらかしにしてましたーーー!(笑)

ですが
そのわりには すくすくと毎年少しづつ大きくなっているので
本当に育てやすい初心者向けの植物なんだなーと思っています

ということで今回は

クリスマスローズについて書いてみます!

ほったらかしで育ったのであれですが(笑)

まあ、、、これから

クリスマスローズを植えてみようかなーという方の参考にでもなれば幸いです

スポンサーリンク

クリスマスローズ基本情報

分類   : 草花
形態   : 多年草 
草丈   : 10~50cm
開花期  : 1月~3月
花色   : 白 ピンク 黄 緑 紫 茶 黒 複色
栽培難易度: 普通
耐寒性  : 強い
耐暑性  : 普通
特性   : 常緑性 耐寒性が強い 日陰でも育つ

 

みんなの趣味の園芸さんより引用https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-43/target_tab-2

こちらでは 栽培方法など詳しく書かれていますよ

ただ、自分はこれらをほぼ無視して育てましたが(読んでるとめんどくさくなるので(;’∀’)

この情報とうちのほったらかしクリローを比較しながら進めていきます

植え付け時期と場所

上の情報によれば、適期は10月から12月ですが
翌年3月まで行うことができるそうです

おおっ!これはあってるわ!2015年のクリスマスの頃に植えたんですねー
名前がクリスマスだったから。。そんな理由です(笑)

また、水はけのよい、明るい半日陰に植えつけると書いてありますが
水はけとかよくわからないので、とりあえずここら辺に植えてみた

からの一年後 2016年11月
この年の春の開花はなく
それゆえに放置プレーが進んだのも否めません(笑)
しかし多少大きくなったような?ならないような?
そーゆー気はしましたねー

植え付ける場所は半日陰が最適!

秋から春までは日がよく当たる、落葉樹の木陰などが最適

2017年9月 そんな場所にしてしまった(笑)

この春は片方の株だけに3〜4個の開花があり、喜んだが
その花を放置していたら色がくすみ花びらが硬くなった
2018年1月のバラの剪定のついでに葉と茎を剪定する

とにかくそういうことですね 半日陰がいいみたいです
ただ秋から春までは明るい木陰と書いてありますが

春から秋までは?
耐暑性は普通となっていますが やはり暑さには勝てない気がするんですよね
夏場も、うちの場合はバラの葉っぱが覆っているので半日陰ですね
とかなんとか偉そうに言ってますが
夏場は人間も外に出たくないので庭のモシャモシャの緑が進んでいるだけ-(笑)

お気づきだとは思いますが

クリスマスローズは夏でも葉っぱは緑緑してます

常緑性なんですねー お陰さまで葉っぱの下は雑草が少ないです

耐寒性

写真見えづらいですねー
2016年1月 植え付けた翌年です
冬の霜柱にも勝ったということだけお伝えしておきましょう(クリロー完全無視です 汗)
この後は落ち葉に埋もれて春を待ちました
(冬場も人間は外に出たくないので秋の落ち葉が 笑)


 

ということで
咲く前は放置していることさえも完全に忘れていたクリスマスローズですが
可愛い名前なのにズボラな人にピッタリの植物だなーと(つまり自分ね)
来年はもっと咲くかなーと、、、
クリスマスローズファンに怒られそうですね(;’∀’)

うつむき加減に咲く花

お花を見る時は下からのぞき込まないといけないので
地面に顔がつきそうになってけっこう大変ですね(笑)
こんなに可愛いのにもったいないです

 

上から見たらこんな風です

全然見えません、でも お好きな人にとっては

そこもまた可愛いと思えるのかもしれませんね

いや、、、うちのはあまりにも放置しすぎて
形が悪いのかもですね。。。

真面目に?来年は咲かせようと思いました
やはりお花を見るとワクワクしますねー

肥料もあげなくては(笑)

ちなみに病気もなかったし、
害虫はつきませんでした、、もしかしたら気が付かなかっただけかもですが

水やり&肥料

庭植えの場合は、基本的に水やりは必要ありません

庭植えの場合は、10月に※緩効性肥料(かんこうせいひりょう)を施します
※ 与えたときから肥料効果があらわれ、ある程度の期間効果が持続する肥料のこと

病気と害虫

・過湿になったり、蒸れたりすると発生しやすくなります

灰色かび病、立枯病、べと病、軟腐病、黒斑細菌病、モザイク病、ブラックデスなど

・多くの害虫は主に春から秋に発生します

ハモグリバエ、ハマキムシ、ナメクジ、ヨトウムシ、アブラムシ、アザミウマ、ハダニなど

まとめてみると(庭植えの場合です)

・明るい木陰を好む

・水やりは基必要ない

・寒さに強い

・常緑性で夏でも生き生き緑が綺麗

・肥料は年に1回10月に緩効性肥料(かんこうせいひりょう)施す

・害虫は主に春から秋に発生・・・しなかったけどなあ

病気は過湿になったり、蒸れたりすると発生しやすくなる(上に同じ)

・観賞するためには少し高いところに植える

 

・・・・・まとまらなくなってきました(笑)

とにかく肥料や害虫のことを完全無視し肝心の主役も、、、
ここまでほったらかしで育ったので

初心者にやさしい植物だということは間違いないと思います

今月は3月で植え付け時ギリギリなので

白いクリスマスローズを探しに行きたいと思います(安いのね)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック URL

https://obaobagogo.com/2564.html/trackback

PAGE TOP