「4階で48人死亡」大口病院事件”親を預けられぬ”療養病棟の闇”

横浜市神奈川区の大口病院に入院していた男性患者2人が中毒死した事件

発覚から1週間になりますが神奈川県警は手口などから医療に知識があり

同院の内部事情に詳しい人物の犯行との見方を強めている

また今年7月以降に入院患者計48人が死亡していたことが病院関係者への取材でわかった

病院は患者の死亡が増えていることを認識していたものの

事件とは受け止めていなかったという

 

今世間を震撼させているこの事件

ネットでも医療従事者ではないのか?という噂が飛び交っています

犯人はなぜ?

猟奇殺人でもない限りなにかしらの目的が無くては行動に出れない気がします

 

この中で

親を安心して預けられない”

本来ならば親しまれ信頼されるべき病院がこんなことを言われるようでは・・・

(大口病院規模での3ヶ月48人死亡は確かに多すぎる)

 

その大口病院の4階は療養病棟ということで

”療養病棟とは急性期治療が終了後 病状は比較的安定しているが

引き続き医療的なケアや病院での療養が必要な患者様を対象とする”

と一般には言われています

書き換えるなら

医療→サービス業→患者さま

これで療養病棟の説明がつくような気がします(これはあくまでも個人の見解です)

想像する犯人像は

医療の進歩(延命)に疑問(うっぷん)を持つ者で

家族も見舞いに来やしないわ又そういう人に限ってクレームは多いわ

サービス残業多いわ仕事の割に給料は安いわ 人間関係複雑だし 等々

これ以上書くとあれなのでやめておきますが(想像ですよ)

やさぐれていたんではないかと

事件を聞いてまず思いました(そんな単純な事ではないでしょうが)

しかしそうであったとしても許されない犯行であることは確かです

犯人逮捕そして事件の真相解明を急いでほしいものです

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             ・・・・

今の時間 午前2時半これ書いてる途中でコンビニ行ってラーメンサラダすすって

いくら明日が休みだとしても

やさぐれてるのは自分だと反省しているところです^^;

で では~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック URL

https://obaobagogo.com/295.html/trackback

PAGE TOP